LIFE LOG(ダイヤのeye's)

ダイヤのeye's

スピリチュアルの力を上手に活かして人生と世界を豊かにするブログ

【1ヶ月チャレンジ】ツイてるを1ヶ月唱えた結果【前編】

ツイてるって何?ツイてると唱えると本当にツイてることが起きると聞いたことがあるけど、本当?と思っているあなたへ。

本記事を読めばその疑問が解決できます。

なぜなら私が実際に1ヶ月間唱えて多数のビックリするようなラッキーな結果を出してしまったからです。

本記事ではツイてるとは何か、実践方法をお伝えします。

記事を読み終えるとツイてるとは何かが分かり、あなたもラッキーを頻発することが出来るようになります。

 

 

目次

 

1.ツイてるとは「ツイてると唱えると本当にツイてる事が起こる」という意味の言霊

ラッキーガール



ツイてるとは、ラッキーや幸運という意味の言葉です。斎藤一人さんが紹介していて、ツイてると唱えると本当にツイてる事が起こるらしいのですが、私の経験上、本当にツイてる事が起こるんです。

 

言霊とは世界中古来からの考え方で、言葉には魂が宿っているという考え方です。言葉に魂が宿っているので発した言葉通りの現実が起きると言われています。これは口で発する言葉だけでなく、その言葉を心で思う、文字を書く、見る、他人から聞く行為も同様です。言霊についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

beautifullife-blog.hatenablog.com

 

あなたも他人から怒られたり文句を言われたりネガティブな言葉を浴びせられたら不快になりますね。自分が他人に対して怒ったり文句を言っても不快になると思います。反対に優しい言葉をかけてもらったり褒めてもらえば嬉しくなると思います。

 

これは言葉にも振動数があるからだとされていて、言霊の仕組みなのです。詳しい説明は長くなるのでこの記事では省きますが、ポジティブな言葉を使えば波動が高い現象(幸せ、ラッキー、嬉しいなど)が、ネガティブな言葉を使えば波動が低い現象(怒り、悲しみ、痛い、苦しいなど)が起きます。

ツイてると唱えると本当にツイてる事が起こるのです。

 

2.ツイてると唱えるだけで人生は変わるのか

didyousmiletoday



ツイてると唱えるだけでツイてる事が起こってラクになれるなら、何の努力もしなくてもいいのでは?と思う人もいるかも知れません。ですがこの3次元の地球ではそうはいきません。ツイてるの言霊だけで人生は変わりません。

 

なぜなら行動しないと現実は変わらないからです。仏教では因果応報、自業自得の考え方があり、原因があるから結果があると言われていて、例外は一切ありません。私はこれを信じているし、現実に何度もこの体験をしてきているからです。さらに行動しないと変わったかどうかもそもそも分かりません。

 

例えば1億円が欲しいと思って家で何もせずに寝っ転がって「ツイてる」と10,000回唱えただけで1億円を得ることが出来るでしょうか。1億円が欲しいならそれ相応の行動をしないと絶対に手に入りません。これはどこに行ってもいつの時代でも変わらない絶対法則です。まずはこの事を理解する必要があります。

 

言霊(願望)の種類によってはこの法則がキツく感じてしまう人もいるかも知れません。願望のスケールが大きければ大きいほどそれ相応の行動をしなければならないからです。

 

目に見える部分(日常生活)をしっかりこなし、プラスアルファで目に見えない部分(言霊(今回はツイてる))を活用するイメージで実践していくといつの間にか人生は変わっています。

 

3.ツイてるの実践方法

ツイてるの実践方法です。

具体的に何回唱えればいいの?と思うかもしれません。正直なところ数に指定はありません。時間帯も指定はありません。

私は日中起きている間はとにかく「ツイてる」と唱えまくっていました。それでも大まかな目安が知りたい方のために、お伝えします。

 

🍀実践方法

・「ツイてる」✕1000回=約10分

・回数は指定なし

・時間帯は指定なし

 

1,000という数字は特別な力があり、1,000を堺に物事が動く事が多いとされています。仮に17時間起きているとするならば、102,000回になります。1000回でも十分多いですが、それ以上となればとてつもない数です。この数を見れば、1日で1,000回唱えるのはカンタンだと思いませんか?

 

私がとにかく唱えまくった理由は、数が多ければ多いほど潜在意識に入るからです。潜在意識は何度も見たり聞いたりした事を現実と捉えてそれを自分の目の前に出す性質があるので、「ツイてる」と唱えてツイてる現実が目の前に現れたら面白いと思い、実践しました。

 

私は、1人のときにブツブツと「ツイてる」・・・「ツイてる」・・・と唱えていました。他人が見たら滑稽に見えるかもしれないので、気にされる方は、1人の時に実践することをおすすめします。 



4.体験談は次回

ではツイてるを1ヶ月間と唱えた結果何が起きたのか・・・については、長くなりますので次の記事で紹介しようと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。